デコつるの効果は乳酸菌で安心

乳酸菌とビフィズス菌の違い

 

炭水化物などの糖を消費して乳酸をつくる細菌の総称です。
腸内にすむ細菌のバランスを整えることにより、健康に役立っています。乳酸菌の種類は多種多様で、腸内を酸性側に傾け腸内の腐敗を抑えたり、腸のぜん動運動を助けて便秘を改善する効果があります。

 

さらに最近の研究によって、免疫機能の向上や、中性脂肪・血中コレステロール値の低下といった働きもあります。

 

ビフィズス菌
大腸菌などの悪玉菌の繁殖を抑え、排せつの促進や下痢や便秘の予防など、腸内環境を整える働きがあります。

 

「乳酸菌」も「ビフィズス菌」も、人間の腸内では健康に良い働きをする「善玉菌」として存在します。
その数は「乳酸菌」は1億〜1000億個、「ビフィズス菌」は1兆〜10兆個です